コメント返信 to No.57 2011年03月12日 未分類


[57] 誰が誰かさっぱりわからない上に、鉛筆だから読みにくい <2011 03/12 01:12> L5KKC9f1P


誰が誰かさっぱりわからない

これは作中唐突に出てくる以前のキャラクター名と顔が即座には一致しないということでしょうか?

あるいは容姿から判別がつかないという意味でしょうか?

前者の場合、もし最新更新分だけを読んだような場合は是非最初から読んでいただけるとありがたいです。

ですが、おそらくコメントの質からして全て読んでくださった上での指摘だと考えますので、以降はそれを前提にして記述させていただきます。

ここでは、キャラの判別法を、

①名前と顔が一致しない場合

②容姿から判別がつかない場合

に分けて説明いたします。

①名前と顔が一致しない場合

主要(ルーン一族)キャラの名前は、すべてルーンの読み方の一部をそのまま、あるいは多少名前に聞こえるようもじって決めています。

たとえばティウには「ティウ」「ティワズ」「テューン」「チュール」などの名前がありますが、まず神話上直接的に存在するチュール神との混同を避け、かつキャラの性格的に合いそう、あるいは呼んで違和感がなさそうな気がするという「ティウ」に決定しています。

このように、ルーン一族はやや名前が抽象的かつ一致し難い性質をもっていますが、神話とのリンク上避けることも難しい項目ですので、申し訳ございませんが読み返しなどをしていただけると助かります。

また、敵の名前についてはネタバレを含みますので、以下に背景保護色で記述します。どうしても覚えたい場合にはご活用ください。

敵の名前は、全て崇拝対象を英語表記してアナグラムし、多少無理があっても名前っぽく読めるように作成しています。

これまでに出現した敵の例は以下の通りです。

・エンデス(送):send→ends→エンデス

・ジーア (齢):age →gea →ジーア

・エンキ (鋭):kien→enki→エンキ

敵の名前を忘れた時は、崇拝から逆探知できますのでご活用ください。

ただし、漫画を読む上で推理要素を楽しみたい場合は初見のときのみ効力を名前から探知しないよう注意していただけると幸いです。




②容姿から判別がつかない場合

容姿を見分けるのが困難な場合ですが、

まずここをクリックしてjpg画像を別窓で開いてください

あ、「まず」って書きましたけど、うん、そういうことです。





鉛筆だから読みにくい

別所で五年近くも漫画を描いていながら、これについては全く知識がありませんでした。

ペンやデジタルでの線を望むということでしょうか?

残念ながら、私にはペン入れの処理能力が著しく欠如しております。

それはもう、もともと作画崩壊している絵がゲルニカるくらいには酷いものなのです。

いえ、これはゲルニカをけなしたわけではなく、どの部分がどの身体のパーツとして描かれているのかすら分からなくなる的な意味です。

と思いきやゲルニカは区別できるのでやはりけなしてしまったことになります。ごめんなさいごめんなさい。

さて、それではデジタルはどうかというと、そちらに関しては運良くペンタブもフォトショップも持ち合わせていますので、改善しようと思えばできなくもないです。

しかし、デジタル化処理をする場合、アナログでしか絵をかけない私は

紙に絵を描く→取り込む→線画抽出

の作業を必要とするのですが、線画抽出までに通常の三倍以上の時間をかけてしまう程度の技術しか持ち合わせていないため、二週間で何とか五ページとかやってる自分は、ええと、六週間に五ページくらいになるわけです。

それはさすがにいろんな意味でまずそうなので残念ながら期待にお応えすることができません。

ごめんなさい。