序之二章第一話 用語解説と登場人物紹介とコラム 2011年04月10日 未分類

第一話一言要約:いつのまにか黄塵が幼児化していったので台詞の打ち込みで口調が大幅変更されたでござるの巻

用語解説

「盗み」という概念
神界にも存在するが、崇拝までしていた者はいなかったらしい。
生活基盤が確立してからでないと生まれない後天的概念なので
実際はやや若い概念のはずだが口調はじじいを気取っている。

クチャラーガム
下界(人間界)から神界に持ち込まれたもの。
別に禁制品ではないのだが、さほど好んで持ち込まれる物でもないため希少価値は高い。
口と一人身の寂しいあなたにクチャラーガム。


主要登場人物

黄塵
序之二章主要登場人物の一人。
生活援助を拒み、一人で生きることに価値を見出す。
先読みに長けており、鋭い勘も持っている。
盗むのは食べ物のみ。食い逃げもする。
人から与えられた食べ物は拒む。

おじさん
饅頭屋。
動けるデブ。

文具屋の人
ガムにハマりすぎて中毒状態になってる一種の変態。


コラム

序之二章
主人公が七人もいる。
描く側も読む側も混乱しそうなパート。
ただし各主人公につき多くて七話で、黄塵以外はペアで動くため、実際はさほど長い章ではない。