序章第十五話 用語解説とか 2012年12月09日 未分類

第十五話一言要約:口だけ

用語解説

「毒」術
二種類あるが、いずれも作中の通り。
解説してチャンス与えた点だけおばちゃんの良心。
ちなみにルーン器具は毒を入れるための小瓶付きネックレス。
ひねって開けるフタの部分がルーン文字型に装飾されている。

「風」術
なんかハンマー的な物持ってたり巨大な手で掴んだりしてたけど詳細不明。
実はティウも完全には把握していない。


主要登場人物

マンナズ
「毒」術師。研究者であるとともにルーンの引率者となることが野望。
なんかそのために味方を殺して後継者選別しようとしてたけど成功はしてない。
研究よりもルーンの王を重視していたため、前情報なしでそこを読み切れなかった分、ウィアドらは論破的な意味で不利ではあった。

ロン
「風」術師。
序章第一話からの再登場。
崇拝も契約も判明しているが効力詳細は不明。
実は今回の次点で既に最大級の弱点を露呈している。


コラム

ヘイジーなにやってんの?
仲間割れか何かに参加すべきかどうか困惑していた模様。

ケン離脱
多分旅の人数は四人が限度(謎ルール)。
ヘイジーは病院に預かってもらうつもり。
人間界でルーン特権を理解してもらえるのかは謎です。