序章第十六話 用語解説とか 2013年10月06日 未分類

第十六話一言要約:(能力)推理バトル

用語解説

「雪」術
浄化した水を雪として生成し、半径900m以内の屋外に降らす。
生成された雪や氷は、術者の許可を持たない者が一定範囲内に侵入すると罠と化し襲いかかる。
ルーン器具はヘアピン。イースのつけるどれかが器具か、あるいは全てフェイクか。

「錠」術
屋内の、術者がいる部屋のうち、外壁、天井、足場を完全に固定し破壊不能にする。
錠をかける瞬間、指定の人間(最大9人)以外の人間を屋外へ排除する。
内部にいる人間のうち、術者あるいは術者から許可を得た人物のみが外へ出ようとした時点で解除される。
最長老は言葉には出さなかったもののイースに許可を与えて死亡したため、
術はイースが出ようとしない限り継続される状態となっていた。


主要登場人物

イース
ルーン魔術「雪」術師。
戦時以外は浄水の仕事をこなす神界の一員。
殺人を目撃したにも関わらず術を停止させなかった時点で、村人を見捨てる気は元々なかったはず。

最長老
「錠」術師。村の存続のため、イースを最も望ましい位置から出られない状態にした。
過去に何らかの理由で神界を訪問しており、その際に排他的な精神を見込まれ術を入手。

村長代理
イースに今以上の自由を与えたがっていた人物。
長老派を皆殺しにする際、指揮を執った。
結局のところイースを村に束縛することに長老たちとの違いはなく、結果としてイースを苦しめる原因を作った。
ほぼ全村民に事件の全てを伝えて罪の浄化を仰ぐ。

その他の村民
一部は村長代理に賛成し、殺害を幇助した。
村八分を恐れ渋々従った者も。


コラム

死後硬直
状況によるが、約90時間で解け始める。

白骨化
状況によるが、今回の場合は長くて数ヶ月で人の形を保てなくなる。
煙突でなんとか換気されていたとしても、量も多いし死臭は凄まじいんじゃないでしょうか。